揚げない「フライ」&“ゼリー”フライ??

P8218962_t.jpg
遅い夏休みをもらい、今日から3連休。
けさは行田市内まで出掛けました。
目的は「フライ」&「ゼリーフライ」と、新しく買ったトイカメラの試し撮りのため。

P8218974_t.jpg
-水城公園の「ホテイアオイ」はポツポツ程度の咲き具合でした-

本屋さんで「Loveトイカメラ」というカメラ付きのムック(ムック付きのカメラと呼んだほうが良いと思うが…)を見つけ
値段も¥2,300と手頃だったので購入したのです。


Loveトイカメラ 大人気ワイドレンズカメラ付き! (e-MOOK)

Loveトイカメラ 大人気ワイドレンズカメラ付き! (e-MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/06/19
  • メディア: 大型本




本は「カメラ女子」をターゲットにしていますが、なんでも“奇跡のトイカメラ”と呼ばれた「Vivitar Ultra Wide and Slim」の特別リメイク版が入っており、名前の通り22mmの広角レンズを備え、鮮やかに写せる(こればかりはフィルム次第なのでしょうが…)のがウリです。

フィルムを買って、現像に出したり…とお金はかかりますし、デジカメみたいに「下手の鉄砲打ち」というわけにはいきませんので
出番は少ないですが、たまにはデジカメと一味違う世界を楽しみたいと思います。
(うまく仕上がれば後日紹介します)

さて、自宅から秩父鉄道「行田市駅」までは12km程度なので自転車で行っても良かったのですが
さすがにこの暑さでは…ということで、高崎線「行田駅」まで電車を使い、無料のレンタサイクルを使って市内を回りました。
(行田駅東口など市内にある観光案内所で借りることができ、別の拠点で返却する「乗り捨て」もできるそう)

サイクリングを楽しみ、お腹の虫も鳴いてきたので
水城公園の西側にある「ときわ肉店」に向かいます。

「フライ」(中サイズ ¥300)。
P8212922_t.jpg
キャベツ抜きの「お好み焼きとクレープの中間の食べ物」。
実物もほぼ同じ大きさです。しかも折りたたんであるのでなかなかのボリューム。
女性の方ならこれ1枚でじゅうぶんお腹いっぱいになるかと。

「ゼリーフライ」(1個 ¥50)
P8212927_t.jpg
おからとじゃがいもを混ぜたものを油で揚げ、ソースをまんべんなくまぶしたもの。上の「フライ」とは全くの別物です。
お菓子の「ゼリー」とは無関係で、形が小判に似ていることから「銭」が訛って「ゼリー」になったといわれています。
お店によって1個¥100円のところも。

テイクアウトも良いですが、店内で熱いうちに食べるのがおすすめ。
今回訪れた「ときわ肉店」は住宅街にありますが、裏の空き地に駐車することができるようです。
行田市内にはあちこちに「フライ」や「ゼリーフライ」が食べられるお店がありますので食べ比べも面白いかも。

「フライ」と「ゼリーフライ」の詳しい解説(行田市観光協会)


この記事へのコメント

2010年08月24日 09:36
自分も手にとって見ました。
デジタルなら良かったのですがね。
タイトルが「フライ」釣りを始めたのかな?と思いましたが食べ物でしたか。
どちらも初めて見ました。
コッテリ系ですね。
tachibana
2010年08月28日 13:54
>akitinさん
ついカメラがあると手に取ってみたくなりますよね。
ゼリーフライは衣がないせいか意外にあっさりめでした。

この記事へのトラックバック